足が冷えて眠れない、ふくらはぎがひきつる。
夜中に何度もオシッコに起きる、ミーテ・ライトロングが改善します。

就寝中のこむら返りを解消

ミーテ・ライトロングでこむら返りを解消する寝ている間もぽかぽか生活

ふくらはぎを温めると体の血行がよくなりぐっすり眠れます。

ぐっすり眠れる

薄手のタイプでごわつかないので、履いたまま眠れます。ふくらはぎを温めるとぐっすり眠れて、こむら返りも起きなくなります。

お風呂から上がってもついついパソコンのインターネットに夢中になり、足が完全に冷たくなることがあります。

こうなるとなかなか寝付けません。足が完全に冷えてしまっているからです。
やっとのことで眠ったと思うと明け方にオシッコに起きることになります。さっき起きたのにまたオシッコがしたくなり何度も起きることになります。

生活スタイルを見直すか、足が冷えなくなる方法をとるか、またその両方をするかを迫られます。

ですから、
1.お風呂上りは夜更かししないで寝る習慣にする。
2.足が冷えないような工夫をする、レッグウォーマーを利用して足が冷えないようにする。

ほんの10分、インターネットをするつもりが、気が付けば1時間がたっていた、なんていうことがざらです。
その都度足が冷えてきています。風呂上がりだから暖房をつけることより、体をさますほうになるため、必要以上に足の温度が下がってしまいます。

寝ている間は、手や足はつかわないので、体温が下がります。これは体の合理的な自然な機能としてそうなっています。使わない物はエネルギーをセーブして省エネモードになっています。

しかしながら、疲れていた足の場合は疲労が回復しずらくなります。

足が冷えると血流が良くないので疲れが翌日に残ることになります。
そこで、強制的に温めたまま寝ると血液の循環が良いので、疲れ物質が取り払われて翌朝は元の健康な足に戻るようになります。

体(足)を温めると血流が良くなるので基礎代謝が活発になり、老廃物も体外に排出されやすくなります。
疲れた足の場合は足を高くして、座布団を敷いて寝たりするのは、血行を良くして血液の循環を良くする工夫をしているわけです。

足の疲れ成分をオシッコで排出するために血液の循環を良くしています。
この足を高くして寝ることと同じように、足を温めると血流が良くなり、足が軽くなります。

足が温かいと眠りも早く、朝までぐっすり眠ることができるので大変お勧めです。
特に、冷え性の方や早朝オシッコに何度も起きる方は足を温めて寝ることをお勧めします。

ふくらはぎを温める、ミーテ・ライトロングは薄手のためごわつかないのでそのまま寝ても違和感がありません。
明け方のオシッコに起きることから解放される気分を味わってほしいいと思います。
朝、すっきりと目覚められる幸せ感。
ひと手間、一工夫で快適な毎日が送れるようになります。


ご訪問ありがとうございます。

ふくらはぎを温める ⇒ ミーテ・ライトロングの詳細・購入

身体を温めると免疫力が上がる

ふくらはぎを温めて体全体を温める。

体温が上がることで血流がよくなり、酵素の働きも活発化するので体に必要な物質を次々に作り出します。
細菌駆除や悪玉コレステロールなどの排出が活発になり健康な体を維持できます。

ふくらはぎは第2に心臓といわれるように、足の血液を体に戻す役割をしています。
適度な散歩はふくらはぎに刺激を与え、足のむくみを解消することにも役立っています。
また、体を温めると基礎代謝がよくなります。血液の免疫システムが活発化して自然治癒力がアップします。体を温めると健康になるというような本も販売されています。体を温めることは健康にとってとてもいいことなのです。
足が冷えたり、体が冷えることは健康上、注意が必要です。
身体の自然の免疫システムが働きづらくなるので、体を直そう、もとに戻そうという力がうすれてしまうことになります。風邪をひきやすくなったり、疲れが取れにくくなったりすることがあります。
体温を上げることで、血液循環がよくなり、酵素の働き方も活発化して免疫力をあげる、体のメンテナンス力をあげましょう。
血液が元気になって体をサラサラ流れるようになれば、細菌駆除や悪玉コレステロールの排出が活発に行われるようになり、体が浄化されて病に対する抵抗力がアップします。
病気にかかりづらい健康な体になります。

お風呂に入って体温を1度あげるだけで、数倍に免疫力がアップします。
毎日お風呂に入り、体を温める習慣をつけましょう。
疲れもとれるし、免疫力もアップして健康維持には最高です。

お風呂上りの保温も大事です、せっかく温まった体を冷やさないように工夫が必要です。特に足の冷えは気を付けたいものです。
足には疲れ成分が貯まりやすいので、足の血液の循環を良くするだけで疲れがとれます。
そして、足が冷えないうちにベットに潜り込むことです。
ぽかぽかの足が眠りをさそい、翌朝までぐっすり眠れます。

夜中にオシッコに起きる回数が多い場合は、足の冷えを疑ってみてください。
きっと、冷たくなっているはずです。冷えた足は寝つきがわるく、朝起きるまでぐっすり眠りづらいけいこうにあります。
足元を温めて寝ると、オシッコに起きることがなくぐっすり眠れて、すっきりお目覚めができるようになります。


よかったら、ミーテ・ライトロングを履いておベットに入ってみてください。
朝まで起きずにぐっすり眠れます。朝までぐっすりの睡眠の威力を感じることができるでしょう。
薄手だからごわつかない、ぽかぽかするから寝つきが早いミーテ・ライトロングの詳細はこちらから⇒

お読みいただきありがとうございます。

明け方オシッコで起きなくなった。

ふくらはぎを温めたらオシッコに起きなくなってぐっすり眠れた

温かくなった足

ミーテ・ライトロングなどのウォーマーを履いて眠ると、何度もオシッコに起きていたのが、朝までぐっすり眠れるようになった。

寝る前にはゆっくりお風呂に入って、体を温めます。少し汗ばむくらいの体が丁度温まった証拠です。
お風呂から上がって少しのんびりくつろいだら、ふくらはぎウォーマーのミーテ・ライトロングを履きます。

風呂上りにテレビに夢中になったりすると、足が冷え切ってしまうことがあります。せっかく温まった体や足を冷やさないように気を付けます。
できれば、温かいうちにベットに入りましょう。

すぐに眠りにつけて朝までぐっすり眠れます。
ここで油断して夜更かしすると、足が冷えて眠りずらくなります。私は足が冷えると眠れなくなるので寝たまま胡坐をかいて太ももで足元を温める工夫をして寝ています。
そんなことをしなくても足が冷えないレッグウォーマーを履いておく方がいいかもしれません。
薄手のタイプなのでそのまま眠ってもごわつかないので履いているのが気にならずそのまま眠りに落ちることができます。
その代り、靴下はだめです。私の場合、靴下を履いたまま寝ると朝、疲れが取れないような気がします。レッグウォーマーだけを履くようにしています。


今までは何度かオシッコに起きたいたのですが起きなくなりました。それよりも寒い朝トイレに起きる方が辛いので何度も我慢して寝ている方がよっぽど体に良くないかもしれません。
おしっこを我慢して眠るのも一苦労です(笑)

ふくらはぎレッグウォーマー ⇒ ミーテ・ライトロングの詳細・購入はこちら

身体がぽかぽかで気分がよくなります。

身体を冷やさない工夫、ふくらはぎを温めると気分もよくなりました。

ふくらはぎのマッサージを積極的におこなって、血流の循環を良くしています。

踵を上げてつま先立ちの運動を繰り返すと、ふくらはぎに刺激がわたり血流が良くなります。
これを毎日気が付いたらその都度行っています。
ですから決まった時間に行うのではなく、気が付いたときに運動することになります。
多い日には一日のうちで3~4回おこない、忙しいときには1回の場合もあります。


続けることが大事なので時間を決めて何回するなどと決めずにその都度の生活に溶け込んだ予定の無い運動スケジュールにしています。

肩こりの解消で肩を回すときに、合わせて踵上げの運動も行うようにしています。


パソコンを使う仕事が多いので、肩こりが避けられません、肩こり解消とあわせてふくらはぎのストレッチも行っています。
おかげでふくらはぎの筋肉が柔らかくなってきて、触るとぷるんぷるんと動くふくらはぎになっています。
冬場の寒い時期はふくらはぎを温める工夫をしています。

お風呂上りや足が疲れた場合にはマッサージをしています。
足首を回したり、ふくらはぎをもみほぐしたりして血行を良くしています。
アキレス腱を指圧するのも効果があります。膝を立ててふくらはぎが柔らかくなるようにもみほぐすマッサージをすると気持ちが良くなります。
気持ちよくなった状態でベットに入るとすぐに眠れてぐっすり眠れます。

カサカサ肌の場合はスキンクリームを塗って仕上げるのもありです。

足裏のひび割れなどもクリームを塗ることで保湿が出来て効果的です。
乾燥してくると踵のひび割れでシーツに引っかかりが出来たりして寝心地が良くない場合があります。
十分な睡眠が続くと肌艶も改善されて、体の調子も良くなります。何しろ一日のスタートが心地よいものに変わります。
冬場のふくらはぎケアはすごく大事です。

 

ぐっすり眠れてバリバリ働ける

ふくらはぎを温めて眠れるようになって、すっきり目覚めるようになった。

履いて眠れる

夜中に目が覚めることがなくなり、眠りが安定して朝スッキリ起きられるようになった。
ふくらはぎを温める効果がわかりました。

朝起きると足が冷たい場合があります。足が冷たい場合は寝起きがはっきりしません。
昨日の疲れが残っているような感じがします。
私の場合は、靴下を履いて寝ません、翌朝疲れが取れていないように感じるからです。
でも、足が冷たくなるのも困りものです。
そこで探したらレックウォーマーが見つかりました。
商品名を「ミーテ・ライトロング」と言います。

靴下ではないので疲れが取れないこと感じることはありませんし、朝起きて足が冷たい感じがなくなりました。
朝までぐっすっり眠れて、夜中のオシッコに起きる回数も激減しました。

早朝のオシッコのがまんは体によくありません。問う思いながらオシッコに起きるのが辛いです。
体は眠いのにオシッコが出たいのです。夜中に何度も起きたりします。
きまって足が冷たくなっています。
足を温める方法は湯たんぽを使ったり、足元に毛布を掛けたりしましたが、上手くいくときは良いのですが
冷えてしまうと何をしても冷たい脚のままでした。

朝すっきり目覚めるためには足を温めることが効果的です。
朝まで温かいのはふくらはぎを温めることです。するとつま先まで温かいままのように眠ることができて朝までぐっすり眠れます。
そして、朝足を触ると温かいのです。足が温かいとすぐにベットから起きることができ、洗顔、歯磨きの行動にスムーズに移動できます。
こんなにも違うのかと思うほど、朝の動きが異なります。


起きたときに足が温かいのはとっても快適な生活の始まりです。一日が最高の一日の始まりになります。
朝、足が冷たいときは起きられなくなって時間ぎりぎりまでもじもじしていました。
ところが、足が温かいときは飛び起きるように活動的になるのです。
この違いは大きいです。


毎日が最高の一日の始まりで過ごせるのです。
毎日が最高なら、幸せな人生がおくれます。
人生が楽しくなります。やりたいことが見つかります。
体はあなたのやりたいことを応援してくれます。

ふくらはぎレッグウォーマーのミーテ・ライトロングを履いて幸せな毎日を送りましょう。

訪問ありがとうございます。

ふくらはぎレッグウォーマーミーテ・ライトロングの詳細・購入はこちら  ⇒ 

ミーテ・ライトロングの外せない3つのポイント

ゆったりフィット、抜群の伸縮性、優れた保温性

①締め付けないでぴったりフィット、②ずり落ちない抜群の伸縮性、③熱を留めて温める優れた保温性。

ポイント1
ふくらはぎを締め付けないで、ぴったりフィットする。
形状を記憶する特殊な編技で、伸び縮みするから誰のあしにもぴったりフィットします。
履く前は細い筒状の形態ですが、はいた足の形に広がるためピッタリフィットします。
脱いでもふくらはぎの形をキープしたままの状態で脱ぐことができます。元の細い筒状に戻す場合は縦に引っ張ることで元の形に戻ります。

ポイント2
くびれゾーンができるからずり落ちない抜群の伸縮性
ふくらはぎのくびれゾーンが出来るので伸縮性がとてもよく、足の形にフィットします。
サッカーボールも入るし、テニスボールもはいいて、ちゃんとくびれゾーンができます。いろいろな形状に自由に形を合わせるので、ふくらはぎにフィットして、空気の移動を抑えるメリット生じます。長時間履いてもくびれがあるためずれ落ちにくいのです。フィットしているので温かさがにげないので保温性に優れています。

ポイント3
特殊なパイル編目で熱を留めて温める優れた保温性
タテ・ヨコ自由自在に伸びる編技が保温効果をいっそう高めます。
着用するとふくらはぎの幅に広がっても糸と糸との間に間隔がないので温度が外に逃げにくく体温をキープすることができます。
着用中は心地よい体温を維持します。
それは履き続けることでパイルの間に温まった空気がたくさん貯まるので体温を維持できるようになっています。

特殊なパイル編とは。
糸と糸がオーバーラップした状態のパイルが重なっていて、ふくらはぎの大きさに伸びる場合はオーバーラップしていた糸が重なりが浅くなる仕組みです。
伸びてもパイルがなくなることがありません。このパイル(円形ドーム)の中に温まった空気が溜まるので体温を保持できます。
だから足にぴったりフィットして熱を逃がさず温かさが持続します。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ